みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

同居の生活費をいくら渡すか?義父母の金銭感覚と生活習慣と性格を厳しく審査

f:id:mitove2:20180428103950j:plain

夫の義父母と同居できるか?、義両親とベストな距離感で生活するためにも、夫と義両親のパワーバランス、義父母の性格などをよく観察することが大事だ。

www.mitove2.com

それと同じぐらい、義父母のお金の使い方、考え方は同居する前に、同居する前に、よく見ること、ゼッタイ。

義父母のお金の使い方と考え方

同居してから義親と子親のどっち側に、生活費をいくら渡すか、どっちが管理するかはすごい気になるポイント。

だが、その前に、根本的に、義親の金銭感覚が重要だ。

一緒に生活する結婚相手の金銭感覚は気になると思うが、義理親との同居も同じこと、金銭感覚や生活習慣は、同居前にチェックが必要だ。

金銭感覚と生活習慣チェック

最低限のチェック項目を並べてみると

  • パチコンや競馬などのギャンブル趣味
  • 住宅ローンや自動車ローンの有無と、それ以外の借入や分割払い
  • タバコ、大酒や深酒
  • 貴金属などの高級品をよく買う、他の高額の趣味
  • ふだんの生活レベル、派手かどうか、身の丈に合わない買い物をするか
  • 自慢したがり、見栄っ張り、世間体を気にしすぎるか

住宅ローンと自動車ローンは多すぎなければOK。買い物や趣味が多い時はリボ払いなどのカードローンもチェックしたい。

最低限のチェック項目がすべて当て嵌まらないということが、同居するのに最低限の条件

最低限なので、他に気になることがあれば、金銭感覚については妥協せず追加でチェックするといい。

うちの義父母の金銭感覚と生活 

義父はバイト程度の収入があるが、基本二人とも年金暮らし。

ギャンブルやふだんの生活レベルが身の丈にあっているか、「ギャンブルはしますか?」などと、面と向かって質問してはいけない。

バードウォッチングのように静かに、横目でひっそり観察して、夫と義父母の会話のすみに出てくる買い物の話など、そっと、しっかりと細部まで聞いておく

金銭感覚や生活習慣は、日頃のストレスとかなり関係する。

夫婦仲が悪かったり、仕事や生活でストレスが高いと、ストレス発散にお金遣いがあらくなったり、酒を飲む量がふえる。

義父母は、チェック項目にすべて当てはまらずオール・クリアだった。

ストレスは低めで、タバコ・酒・ギャンブルはない、性格は穏やかで夫婦仲もいい。

結局、収入や貯金はいくらなのかは、周りの環境ですごい違ってくるので、基本は、ふだんの生活、ストレスの高さ、持っている性格、この3つを結婚相手にも、同居相手にも、よくよく見ることが大事。

義両親に渡す1か月の生活費は10万円

夫が義父母と相談して、1か月の生活費として10万円、夫が義母に渡している。義母が親世帯と子世帯の生活費を一括で管理している。

たまに、義母はレシートを整理して、まとめている。

義父と義母の会話によると、孫のために貯金をしているらしい。

義父母の金銭感覚が身の丈にあった質素レベルであれば、いくら生活費を渡しても無駄遣いせず、管理してくれる。

そして、お金に関しては、もとは他人である嫁は口を出さずにすめば、それが一番だと思っている。

同居できるか?厳しい審査を嫁はするべし

上から目線か!!、と思われるかもしれないが、同居する、しないは、人生を左右する一大事。まちがえば、お先真っ暗な生活になるかもしれない。

義父母の性格、金銭感覚、生活習慣、この3つから自分なりの合格基準を作って審査する。嫁の同居審査に不合格なら、たとえどんなに同居をお願いされても、絶対に同居をしてはいけない

実の両親でも、父はギャンブルはしないが内弁慶で気分屋なので、私の同居審査には一発不合格だ