みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

【個人年金その5】iDeCo口座にログインして初期設定と掛金の配分割合を決める

2017年10月に年金基金からiDeCo(個人型確定抽出年金)に加入できたよ#の書類が届いた。

数日遅れてSBI証券からiDeCoのIDとパスワードのハガキも届いた。

初期設定のためにSBI証券のiDeCo口座を押すと、SBIベネフィット・システムズの加入者サイトへのログイン画面がでる。

 

下記はSBIベネット・システムズのHP

f:id:mitove2:20171025052609p:plain

SBIベネフィット・システムズ

大和証券とも提携しているらしい。

 

初期設定してみよう

10月26日に初めての銀行引き落としで掛金が抽出される。

初回だけ2ヶ月分の掛金が抽出されるので、2,4000円である。

11月13日まで買いたい運用商品を決める。

11月14日に運用商品が買い付けされる。

変更しないと、元本保証のあおぞら銀行の円定期預金を買うことになる。

 

20年以上の長期運用だし、楽天・全世界株式インデックス・ファンドか三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンドを積み立てるぞ~と、iDeCoのラインナップを見たら、全世界株式クラスはない。おや?

面白そうなS&P500もない。

ついでに見てみると楽天証券、マネックス証券でも全株式クラスやS&P500はない。

アクティブ運用の全株式クラスは、SBIでキャピタル世界株式、楽天でiTrus世界株式があったけど、自分には選択外。

自分が加入するまで、iDeCoの運用商品、真面目に見てなかった。

 

f:id:mitove2:20171022084225p:plain

掛金の配分割合

結局、DCニッセイ外国株式インデックスファンドを100%で設定した。

MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動、為替ヘッジなし。

先進国22か国に投資(アメリカ約60%、除く日本)

iDeCoの積立ランキング人気No2

なるべくほったらかしたいので、シンプルにした。

 

年末調整にギリギリ間に合わず

個人払込の自分は、iDeCo掛金の所得控除を受けるには年末調整が必要になる。

初回の抽出が10月なので、掛金抽出証明書は来年の1月に届く。

なので、今年は確定申告が必要である。

1月から9月が初回抽出なら、年末調整に間に合う10月に掛金抽出証明が届くらしい。

この場合、10-12月は掛金額は予定額で発行される。

f:id:mitove2:20171022084220p:plain

掛金抽出証明書の発送タイミング

年末調整にぎりぎりアウト#

仕方ないね

会社員でiDeCoの掛金が個人払込&年末調整するかもしれない人は4月ぐらいまでには書類請求して加入手続きを進めて、9月までに初回の掛金抽出したほうがいいよ。
iDeCoの初期設定では、初期パスワードからの変更、メール登録もお忘れなく。