みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

子供の金銭感覚が心配になって、自分の貧乏体験を思い出した

「タクシーで帰りたい」と園児の我が子が気軽に言ったことにもやっとした。

急いでいたり、ちょっと疲れた時に、簡単にタクシーを使ってしまうダメ親(自分)を見て「タクシーは気軽に乗る車」というイメージがついたらしい。

小さい子の「乗り物好き」なだけではなさそうだ。

まともな金銭感覚を身に付けてほしいと思っていた矢先、親として猛反する。保育園のお迎えの門限とか仕方ない時もあるけど、何となく乗ってしまうこともある。

よその家は知らないが、自分は「タクシーが気軽」とは今も思っていない(使っちゃうけど)。

f:id:mitove2:20170613055837p:plain

 

じいちゃんとの貧乏体験

世間一般よりも自分はなんかお金に一生懸命だなと思うことがある。だけど、お金のためになんでもする「守銭奴」ではない。

そう言えば、小さい時にじいちゃん家で貧乏を体験したことを思い出した。

ネットではものすごい貧乏・貧困の話を見るけど、数十年前の子供の時に、実際に貧乏を体験したことがある人はむしろ少数派と思われる。厚労省の資料では日本の相対的貧困率は1985年で12%、2000年で15.3%( 国民生活基礎調査の概要)。

 

祖父母の暮らしは貧困だった。なぜなら、じいちゃんは生涯びた一文稼がなかった。90年以上ニートで通して天国に行った。

 

自分は関西の田舎で生まれて、みんな質素、平たく言えば貧乏な感じだった。そんな町内で、父の実家であるじいちゃん家は村一番の貧乏と呼ばれていた(昔は村だった)。じいちゃんは働かないし、ばあちゃんは病弱で、父の姉はすごい貧乏で食べるのも困っていた時に生まれて、中卒で働いて、じい・ばあちゃんを恨んで絶縁した。

 

長男の父も中卒で働き、数年後に夜間の高校を出てさらに真面に働いて、父の弟を高校に入れた。

 

父は深夜勤務ありの3交代制の作業労働者(ブルーカラー)だけど、共働きでがんばって建売を買った。生活は質素だったけど、父の子どもの自分は食べることに困ったことはなかった。

父と母は仕事であまり家にいなかった。たぶん、祖父母の生活費も稼いでいたと思う。

じい・ばあちゃんは工場の職人寮の管理(じつは物置になって誰も住んでいない)という言い訳で、無料で長屋の端に住まわせてもらっていた。隣とつながった板の壁で、6畳が2つ、3畳が1つ、台所、トイレは外の仮設風?、風呂なしで、じい・ばあちゃんと姉弟4人の6人家族でぎゅーぎゅーで住んでいた。

 

自分はよく祖父母の長屋に泊まり、3畳間で祖母にひっついて寝て、朝からイモや大根と米を煮た茶がゆを食べた(30年ぐらい前の話)。

大きな鍋に茶がゆを作って、朝・昼・晩と茶がゆな時もあった。

f:id:mitove2:20170613060645p:plain

 

長屋は壁が板だけなので、じい・ばあちゃんと隣近所の生活音が混ざっていて、大人は嫌だと思うけど、子どもにとってはにぎやかで楽しかった。

 

「貧乏」と聞くと、暗くて不安になるイメージだと思うけど、自分には「貧乏」はすごい身近で、お金がない = 暗くて辛いというイメージはない。まあ、周りの家もそこそこ質素だったからもある。

だけど、祖父のように大黒柱のはずの人が無職だと家族が食べるのも困ることや、父のようにずっと深夜勤務ありの作業労働者では収入が少なく、家族が食べて生活するにも学校やその他の教育にもかなり大変だということがわかった。

 

質素な生活を子供にさせたい

食べるのにも困窮する「貧困」は別として、生活に不自由な「貧乏」は子供のうちに体験する価値があると思う。

質素な金銭感覚のベースになるし、大人になったら、最低でも自分で自分を食べさせて、家族ができたらその家族を食わして教育を受けさせなくてはならない、ということを、自分の事として真剣に、実感しやすくなると思うからだ。

 

今は貯金はあるけど、家族、特に子供とは質素な生活を意識して、できたら「食べるだけでギリギリな貧乏」の体験を子供のうちにさせたい。

でも、そんなこれから先の話より、現在、我が家は共働きで無駄遣いが多い家計なので、とりあえずは、我が子の前でがんばって無駄使いは控えようと思う。

家計管理をし始めた理由の一つが、子供の金銭感覚が心配だから、なんだ。

 

親の背中を見て子供は育つって言うけど、親はなかなか大変。