みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

【アセットアロケーションと管理】自分にできる合理的な投資をしてみよう③

f:id:mitove2:20180520152147p:plain

投資方針を整理して、自分ができる範囲の合理的な投資をしようと思う。

前回までに、今のところリスク資産に一括で投資できるのは470万円ぐらい、ということがわかった。

今回は、アセットアロケーション(資産配分)の目標を考え直してみる。

www.mitove2.com

これまでのアセットアロケーション

2017年にとりあえず目標のアセットアロケーションをイメージした。

アセットアロケーションを決めてみよう - みとべのできるかな

積み立てしていたが目標からだいぶ下回っていたので、とくに達成されていない。

アセットアロケーションを決めなおす

低リスク資産の国債や現金、と世界株式クラスが同じ割合=1:1に、なるようにしたい。

世界株式は、時価総額比重を参考に日本国内、先進国、新興国 vs 1、7、2になるイメージ。

国債が50%(または一部現金)、残り50%の世界株式クラスの比率は日本国内、先進国、新興国 vs 5.0%、35%、10%

期待リターンとリスクを計算してくれる下記のツールにこの割合を入れると

長期投資予想/アセットアロケーション分析 ~ 投資信託のガイド|ファンドの海 

期待リターン3.42 リスク9.93とでる。

資産の振れ幅(%)を計算するには、期待リターン±リスクの2倍なので、3.42+19.86と3.25-19.86をすると、+23.28と-16.44となる。

期待リターン3.42 リスク9.93のアセットアロケーション(資産配分)では、95%の確率で1年間で、23.3%から-16.4%の範囲に、振れ幅(%)が収まるはず、ということが推測できる。

このアセットアロケーションで投資したら、最悪でも、最大損失は16.4万円で、100万円が83.6万円になってしまう、かもしれないと具体的にイメージできる。

ただし、リーマンショック級の暴落では-60%になるかもしれない。

世界株式の時価総額比重を参考に、やや新興国が多め、効率的フロンティアにはこだわりすぎない、管理しやすいようにキリの良い割合、ということで決めた。

自分の三菱UFJ国際投信ブロガーミーティングの記事を参考にした。

www.mitove2.com

資産配分の比率と管理しやすさ

目標にするアセットアロケーションは、数十年の長い間、決めた割合になるように定期的にリバランスする。

なので、期待リターンリスクがだいたい同じなら、長期的に管理しやすいほうがいい、と個人的には思う。(できるだけ高いリターンを追い求める!!という人は当てはまらない)

日本国内、先進国(日本除く)、新興国の地域別に投資信託(or ETF)を別々に投資するか、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)や楽天VTなどの世界株式にまとめて投資するか、投資先の商品によって管理しやすいアセットアロケーションも違う。

日本国内、先進国(日本除く)、新興国に別々に投資するなら、管理しやすいように10%、80%、10%などキリのいい割合の方がいい

世界株式にまとめて投資するなら、投資先の比重に乗っかって、VTなら日本国内、先進国、新興国 vs 8.4%、82.3%、9.4%のように投資すればいい。

割合が少し変わっても、期待リターンとリスクはそんなに差がない。

ただし、日本や新興国の割合を大きく変える(例えば、日本と先進国と新興国の三地域を均等にするなど)と、リスクも大きく変わる。

なので、アセットアロケーションはだいたいの方針が決まったら、投資する先の商品をどうするか考えて、最終的には投資する商品によって管理しやすいアセットアロケーションがいいと思う。

全資産に対するリスク資産の比率

長期的に投資している間に、家族の人数、生活する環境や収入が変わる。そうすると当然、自分が負えるリスクも変わる。

具体的には、退職により収入がなくなった場合は、現役の頃よりリスクを抑えた運用が好ましい。

その時はアセットアロケーション全体を見直すことによりリスクを調整する。

資産全体に対してリスク資産がどのぐらいの割合いくらの金額になっているのか重要なので、生活防衛資金、現金や定期預金、国債などの無or低リスク資産と、株式などのリスク資産との割合の見直す

まとめ:世界株式の時価総額比重を参考に、日本国内、先進国、新興国 vs 1、7、2の比率で株式を保有する。ただし、アセットアロケーションの半分は国債または現金。